自己破産 闇金 融資

 

自己破産者は融資を受けられるのか

融資は受けられるのか

さまざまな理由で自己破産をしてしまった場合、借金はなくなるとはいえデメリットはたくさんあります。

クレジットカードを持つことはできませんし、個人信用情報期間に5年から10年は自己破産者として記載されることになります。
ブラックリストと呼ばれるものですが、掲載されてしまうと銀行や金融機関などで融資をしてもらうことが非常に難しくなります。
自己破産者になって、返済の必要がなくなっても、社会的な信用がなくなってしまいます。
法律では7年と定義されていますが、その後も審査は厳しくなってしまいがちです。
自己破産者に対して融資が可能な金融機関は、多くの場合はヤミ金融に限定されます。
つまり、非合法な金融業者のような金利の高い融資でなければ借りることができないのです。
自己破産をすると何年も住宅ローンはおろか車のローンさえ組むことが難しい状況になってしまうのです。
借金で困っている人は安易に自己破産を考える前に、今の借金をどうにか整理する方法を考えましょう。
地域の自治体に出向いて相談するという方法もあります。一度でも自己破産者になったことがある人は、同じことを二度起こさないように注意することです。自己破産者になることは自分一人の問題ではなく、家族、友人、連帯保証人の人などに迷惑をかけています。
自己破産者になるきっかけは、気軽に融資を受けたことにある人も少なくありません。
ヤミ金被害を相談したい

破産者が注意したい闇金の融資

自己破産しても気を付けて

借金問題のために自己破産をした破産者が闇金の融資を受けてしまうことが多いといいます。

なぜ破産者は闇金の融資に手を出してしまいやすいのでしょうか。
自己破産をすると官報という国が発行する機関誌に情報が掲載されます。
闇金業者は官報をチェックしているのです。
破産者に対して融資の案内を電話で行ったり、ダイレクトメールを送ってきたりします。
多くの人は官報を見る機会などはないですし、周囲の人に気づかれる心配はほぼありません。
闇金融会社からすれば、破産者をしたことがある人は、お金を貸すのにちょうどいい相手ということができるのです。
破産者はクレジットカードやキャッシングの審査に通ることはできませんし、破産した時点では借金がなくなっています。
急にお金必要になっても審査に通らないので自己破産者にも融資できるという言葉に弱いのです。
自己破産者は闇金にとって優良顧客だともいえます。自己破産をした人は少なくとも月に10万円以上は返済をしていたといえます。
破産者になった直後であれば、返済しなければならない融資は〇円ですので、改めて融資を受けるように誘導できさえすれば返済の確実性は高いと見込むこともできます。
一旦破産者になった人は、再びお金を借りるような事態にならないように細心の注意を払うことが大事です。もしも破産者になってしまったら、今後は融資を受けずにお金のやりくりをしていくことを考えましょう。